So-net無料ブログ作成
検索選択
日本の音盤 ブログトップ
前の3件 | -

愛は思うまま ~Let's Do It~ / 吉田美奈子 [日本の音盤]

愛は思うまま ~Let's Do It~ / 吉田美奈子

Let's_Do_It.jpg

01. 愛は思うまま
02. 恋の手ほどき
03. 時よ
04. 海
05. I'd Rather Leave While I'm In Love
06. 愛の炎
07. 猫
08. 雲のゆくえに
09. 影になりたい

カテゴリーに【日本の音盤】を作ってみたので、過去記事の移動とともに、
今後は日本の音盤も積極的にご紹介していきたいと思います。

吉田美奈子はどの盤も良いので、どれにするか迷いましたが当盤を。
しかし、このジャケットはひどいな~(大笑、売る気あるのかよと言いたくなります。
が、中身については心配御無用、たっぷりと吉田美奈子ワールドを堪能させてくれます。

Gene & Billy Page プロデュースによるカリフォルニアでの録音。
ギターDavid T. Walker 他の、かなり金を掛けた作り。
山下達郎も作曲 02、06、08 やアレンジで参加しています。

01.愛は思うまま、06.愛の炎 は、アップテンポで情熱的なナンバー。
他の曲は彼女独特の抑制の効いた翳りのある楽曲群。
やはりこの人は歌が上手いなぁ~と惚れ惚れしますな。
08.雲のゆくえに あたりは名曲であります。

以前女子流の記事で取り上げた「Monster In Town」と本盤は吉田美奈子の傑作!!
是非一度聴いてみてください。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Love Letters Straight From Our Hearts / しばたはつみ [日本の音盤]

Love Letters Straight From Our Hearts / しばたはつみ

Hatumi_Shibata.jpg

01. I Wish You Love
02. This Masquerade
03. What A Difference A Day Makes
04. Feel Like Making Love
05. I Wish
06. Love Letters
07. Blue Moon
08. Where Is Love
09. My Luxury In The Night
10. Another Star

しばたはつみ、故人になってしまいました。
翁が大学生の時に、軽音部の奴らが 01.I Wish You Love を演っているのを聴いて買いました。
カセットしかなかった当時のポンコツ車に積んで聴いていましたよ・・・(遠い目

09.My Luxury In The Night は、MAZDA コスモのCMソング。
他にも、 Leon Russell や Stevie Wonder の曲も演ってます。

しかし本盤の圧巻は、01.I Wish You Love でしょう。
楽曲アレンジを大野雄二氏が手掛けたこの曲は、オリジナルしっとりしたバラードとはガラリ
と趣を変え、Jazzy & Funky かつダンサブルな仕上がり。
加えてしばたはつみのハスキーなボーカルと圧倒的なスピード感。
これはもう最高ですよ!!

ちなみに、♪シャバダバダババ・・・シャバダバダバダ♪って、11PMではありませんので念のため(笑。
これ書くと年齢がバレバレですな。

お決まりのようにYoutubeに音源上げてくださってる方がいます。
翁もLP盤しか持ってないから嬉しいよ。

http://www.youtube.com/watch?v=xYNAZVFTK28

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

女子流ちゃんもね、Jazz系路線はいいんだけど、「江南スタイル」とか演ってないで
こういう曲を定期とかで演って欲しいんだよね。

最後のサビ部前のブレイク、♪Uh~mm !!♪の所はひとみだったら、彩乃だったら、
いやいや、それぞれがどんな風に歌うんだろうかと想像するだけでワクワクしてくる。

Blogに新曲のレコーディングを行ったとの記載がありましたが、曲調も今迄とは違うらしい。
是非とも、ステレオ・タイプでない新生女子流の曲を聴かせて欲しいと思っています。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Straight Light / 萩原健一 [日本の音盤]

Straight Light / 萩原健一

Straight Light.jpg

01. Gimme Your Love
02. Gambler
03. No Problem
04. 友
05. See Saw
06. 愚か者よ
07. P-CAT
08. 影子
09. 晩秋
10. Famous Guy

本来なら寺尾聰やショーケンが歌ってないとおかしいド・アダルトオリエンテッドな
都会の音楽を、圧倒的な清涼感を持つ朴訥とした少女たちが歌ったら、アイドル歌謡
が大人の遊び場として再び機能し始め、オヤジ殺しの危険な音楽が出来上がった・・・

-------------------------------------------------------------------------------------------------

女子流ファンなら知らぬ人ない掟ポルシェ氏の名言ですが、今回紹介するAlbumは、
その「ショーケン」こと萩原健一の12th Album「Straight Light」。

先にお断りしておきますが、翁は本作をLPでしか持っていない。
しかも現在、YAMAHA GT-750 レコード・プレイヤーの調子が悪く(回転が一定しない)、
本作を聴きながら書けませんので歌詞カードを見ながらということで。

ちょうどYoutubeに投稿されている「Gambler」。
http://www.youtube.com/watch?v=ofsO9lAB_3I
貴重な音源がありますので、一度聴いてみて頂きたく思います。

女子流のギターが土方隆行ならば、こちらは井上堯之でPYGの時からのお付き合い。
土方氏が流麗なプレイならば、井上氏は情念のプレイとスタイルも正反対。
作曲:井上堯之、作詞:萩原健一で繰り広げられるこの曲は、♪生首が~♪という
普通の歌では有り得ないような歌詞。 さすがに女子流ちゃんが歌うような曲ではない。

♪Let's Talkin'♪と、途中からは歌ではなく萩原健一が一人で繰り広げるDialog。
彼の俳優としての、歌手としての才能がミックスされた最高の曲!!
本当に歌が上手いってえのは、こういう人のことを言うんだよ。

 ♪お前の自慢話、俺にこう言った。
  あ~、俺はGambleが人生だって。
  それは違うぜ!! Hey Mister
  それは逆だ!! 人生がGambleなんだよ!!♪

ある意味ライバルであったタイガースの沢田研二が、芸能界の優等生であったのに対し、
萩原健一はまさにワルの匂いをプンプンさせた不良そのもの。 大麻不法所持で逮捕
された時のことを歌っていると思われる歌詞にもその辺りの事情が伺えます。

本作はプロデュースも井上堯之で、楽曲も共作を含め5曲提供。
Keyboardは、これまた薬漬けのミッキー吉野。 やばいコネクション(笑。

どちらかと言えばグループ・サウンズや歌謡曲のような括りで語られる彼ですが、
ロッカーとしての力量はやはり大したものであります。
06.愚か者よ、売れた近藤正彦あたりとは比較することも失礼な感。

彼はその言動が評価の対象とされてしまい、ミュージシャンとして歌手としての評価が
置き去りにされていると思いますが、紛れもなく特別なセンス・才能を持った歌手で
あることは間違いありません。

ただし、聴いてる分にはいいけど、あまりお友達にはなりたくないタイプですな(笑。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - 日本の音盤 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。