So-net無料ブログ作成
検索選択

弱者とは何ぞや? [とりとめのない話]

御嶽山の噴火から2週続けての大型台風と散々な秋ですな。

産経新聞に曽根綾子氏が連載している「透明な歳月の光」というコラムがあり、
似非人道家に是非読ませたい一文があったので紹介してみたい。

【2014.10.15】産経新聞
~前略~ しかし私はそのうちに、世界には「難民」という身分を業にしている
人もいる、と感じるようになった。 ~中略~
 避難民に優しすぎることは、決していいことではない。 地震や噴火は別として、
台風は事前にわかっているのだから、自分で寝袋を用意し、食糧も持参で避難所に
行くのが当然だ。 それのできない理由のある人だけを行政は助ければいいのである。
そうでないと、難民という身分が業として成立するのと同じ轍を踏むことになる。

pics3412.jpg
画像はフリー素材を提供して下さっている「来夢来人」さんより拝借
http://www.civillink.net/esozai/xml.html

まったくもって曽根氏の言われる通りだよ。
「弱者」という立場なら何でも要求できると思っている輩が多過ぎないか?
社民、共産や取り巻きのプロ市民、日教組とかが勝手に作り上げたもんじゃろ。
「弱者」が要求するのは勝手だが、必ず叶えてやる必要もさらさらない。
叶え続けることが、曽根氏の言われる「業」になるなら尚更のこと。
プロ市民くん、君達のことだよ!!

そのくせ、交通事故や犯罪、ひいては拉致被害者等での被害者=弱者は救済されない。
もっと厳罰に処して当然の輩が大量にいるだろうよ。
この国の法律なり道徳観念は腐ってんじゃねえのか?

昔から不思議に思っていることがある。
街角の募金で若い奴らが立っているけど、自分でバイトして全額寄付すりゃあいいじゃん。
ボランティアじゃなくてバイトでしょ? 集めた金のほんの一部を寄付すれば良いって、
人の善意を喰い物にしてないか?
電車の吊り下げ広告によくある、アフリカの子供を一日百円で助けるとか。
その広告出す金を使って助けてやったどうなのよ?
日本の子供の中にも毎日のご飯が満足に食べられない子が相当いるらしいけど、
他国のことより優先しないのかね? 子供が減って困っているんでしょ。

別にアフリカの子供を助ける必要がないって言っているんじゃないよ。
中国へやるODAと同じような構図が透けて見えるから言うんだぜ。

うちのご近所さまにもいるけどよ、まともに働きもせずに子供ガンガン作って、
あげくは生活保護受けてるのがな。 日中は3DSでゲームしてますぜ(大笑。
翁は子供一人、収入のこと考えたら怖くてそれ以上無理だったよ。
何かさ、身分相応に考えて働いているのが馬鹿らしくなってくるわな。

どちらにせよ自立出来ない輩をこれ以上甘やかすな!!
似非人道主義は糞喰らえだ!!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。