So-net無料ブログ作成

緩く曖昧で変動する基準 [こんな世間に誰がした]

今年の年度末は大雪から始まって、消費税値上げ、WindowsXP サポート終了、とてんこ盛り
であった。 翁も未だに忙しく立ち回っておりますよ。

小保方のSTAP細胞捏造疑惑、みんなの党の党首渡辺の8億円熊手事件、その他色々・・・
おっと女子流ちゃんの映画もやっていたんだな。 BABYMETALはついに英国進出じゃ。

そんな中で地味な記事ではあるが、翁の注意を引いた記事があるので御紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【カナロコ by 神奈川新聞 4月8日(火)23時16分配信】
高校合格実績表示「中傷され生徒減」、学習塾が同業者提訴

学習塾の高校受験合格実績の表示をめぐり、名誉毀損や業務妨害行為を受けたとして、
塾を経営する「湘南ゼミナール」(横浜市中区)が8日までに、同業の「ステップ」(藤沢市)に
約7千万円の損害賠償とホームページ(HP)への謝罪文掲載などを求める訴えを横浜地裁に
起こした。提訴は3日付。
訴えによると、ステップは3月、湘南ゼミナールがまとめた受講生の高校受験合格実績について、
「複数校の合格者数が校舎単体の実績であるかのように印象づけている」「校舎の合格者数に
特別講座の受講生が含まれているのは無理がある」などと自社のHPに記載したり、チラシ配布
を行ったりした。湘南ゼミナールは、ステップからの中傷で新規入塾生徒が減少するなどの損害
を受けた、と主張している。合格実績の表示について、湘南ゼミナールは、学習塾業者でつくる
「全国学習塾協会」の自主基準が「集中講義などの受講時間数が50時間を超える場合は、
生徒とすることができる」などと規定していることから、「協会の自主基準に違反はない」としている。
ステップ側は「湘南ゼミナールの表示は混乱を招く。裁判で事実関係を明らかにする」とし争う姿勢
を示している。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

子供の数が減って受験戦争が緩やかになると思っていたが、この業界は大変なんだろうな。
どこの塾がいいとかって言うのは実に不毛な論議だな。 要は子供に合う塾を探すってことです。
しかしこの合格者数の捏造も以前問題になっていたと思うんだが相変わらずやってるのかね?

別にステップ側の肩持つ訳ではないが「受講時間数が50時間を超える場合は」って、普通に
聞いたら変だよな。 例えば某有名大学の市民講座みたいなのに通い続けていた人が、
某有名大学卒業ですって言ってるようなもんだ。 日本にはこれに似た事例がすごく多いよね。
身近な例では「こしひかり」名の米の量が生産量の何倍もあるとか。

ある意味、この緩さや曖昧さは日本人の美点でもある訳なんだけれども、これは実生活での話
だと思う。 一般の人から見たら奇異に映ることが、業界内部や一部の人間によって勝手に操作
されている現実。 しかも世間から叩かれればすぐに基準を変えたりして、自分達でもおかしいと
思わんのかね?

日本人の弱点の一つは、徹底的な議論が出来ないことなんだろうね。
原発の使用もしかり、集団的自衛権の件もしかり・・・徹底的な議論から生まれた理論じゃないと
長持ちしないよ。 気分や雰囲気に流されるようじゃ駄目なんだな。

SpPz2 Luchs って言うドイツの偵察装甲車がある。
SpPz2_Luchs.jpg

冷戦時代に製作された高価過ぎる偵察車輌なんだけれども、この車輌の無線手は車輌の後部
に後ろ側向きに座り、運転席付きらしい。 敵とかち合った時に、後ろ向きでも前進と同じ
フル・スピードで逃げ出せると言う。 まさに徹底的に「偵察車輌」の求める姿を具現化した車輌だな。
ゲルマン民族恐るべし!!

グローバル化が叫ばれて久しいが、経済のグローバル化はもう終わったも同然。
しかも日本にとってはあまりいいことなかったよな。

歴史は繰り返すではないが、最近のロシアや中国の行動を見ているとグローバリズムの反動で、
ナショナリズムの時代が来ているようにも思われる。
現在の中国や両朝鮮の反日も含め、対外的に曖昧な基準を是正していかない限り日本が認められ
ることはない。

*今回の文章は支離滅裂でひどいな~www、批判は謹んでお受け致します。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。