So-net無料ブログ作成
検索選択

On The Beach / Neil Young [一家に一枚の音盤]

On The Beach / Neil Young

On_The_Beach.jpg

01. Walk On
02. See The Sky About To Rain
03. Revolution Blues
04. For The Turnstiles
05. Vampire Blues
06. On The Beach
07. Motion Pictures
08. Ambulance Blues

Buffalo Springfield ~ Crosby, Stills, Nash & Young ~ Solo
日本のフォーク界にも多大な影響を与えた、Neil Young の7作目。

大方の人が4作目「Harvest」とシングル「Heart Of Gold(邦題:孤独の旅路)」を
推すのでしょうが、発売当時酷評された本作こそが彼の最高作と翁は思っています。

曲名に、「~ Blues」というのが多くありますが、別にベタベタのBluesを演ってる訳では
ありません。 彼の心象風景が曲名になっているのだと思います。

「青春の蹉跌」そのままに、青年期の不安定な感情を題材にし、時には政治的に怒れる若者
として曲を書いてきた彼の姿はここにはなく、突き抜けてしまった侘しさ・明るさがあります。
ジャケットの砂浜に車が埋没しているのも、物質的なものを捨て去ってしまったかの如く。
映画「猿の惑星」のラストで自由の女神が砂に埋もれている図さえ想像させます。

01.Walk On から彼とは思えない妙に明るいメロディ。
陽が照っているのに冷たい風が吹き抜ける冬のような情景。

06.On The Beach からのラスト3曲の凄みは筆舌に尽くし難く、聴いて頂くしかありません。

06.On The Beach での音数を抑え肺腑を抉るようなギターソロ。
07.Motion Pictures すべてが物憂げな、生きていることの境までもがあやふやになるようなメロディ。
08.Ambulance Blues では、アコースティック・ギターにフィドルとハーモニカという編成で、
ギター・チューニングを下げて(多分1音下げ)の正に名曲名演であります。

翁は俗に言うフォーク系はあまり得意ではありませんが、Neil Young は別格の存在。
彼に影響を受けたと思われる日本のフォーク系が、つまらぬ私小説さながらの軽薄さに傾いて
しまった惨状を見ると、尚の事、彼の偉大さが判ると言うものです。

今回は本盤を取り上げましたが、彼のAlbumはどれも素晴らしい出来。
一家に一枚は置いて頂きたいものです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。