So-net無料ブログ作成
検索選択

毎日捏造満開です!! [こんな世間に誰がした]

毎日新聞 1月26日(日)1時4分配信
<NHK>解説 内部から疑問の声…新会長の慰安婦発言

NHK会長としての一歩を踏み出す晴れ舞台となるはずだった就任会見で、籾井勝人(もみいかつと)
氏は窮地に立たされた。自らの不用意な発言が進退問題にも発展しかねない状況だ。
従軍慰安婦問題について記者から質問され、籾井氏は「コメントは控えていいですか」と言いながら
「戦時中はどこの国にもあった」と口を滑らせ、韓国の姿勢などについて持論をまくしたてた。
籾井氏は昨年12月にNHK経営委員会から会長に選出されたばかり。
経営委員側からは「外交問題に発展しかねない。選んだ側の責任も問われる。
国際放送の役割についても事前に十分説明したのに、正しく理解していない」と失望の声がもれた。
発言の真意をただし、今後の対応を検討するため、浜田健一郎委員長は週明けにも籾井氏と面会
する予定だ。28日には経営委もあり、各委員から直接追及されるのは必至だ。さらに来年度予算
国会審議も間近に控え、議員の質問攻めにあって同じ過ちを繰り返すことも懸念される。
NHK内部からは会長の資質を疑問視する声が出始めている。
公共放送トップとしての自覚と説明責任が問われている。【土屋渓、有田浩子】

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

就任会見でわざわざ慰安婦の質問をして、オフレコでの答えが外交問題だと!!?
さすが捏造の毎日新聞、開いた口が塞がらないとはこのことだ。

この土屋渓とかいう捏造野郎のことも調べてみたよ。
「記者の目:NHK経営委員長の兼職問題」という2012年06月05日の記事から抜粋する。

報道の公正中立を保障(この部分太字)するため、放送法は経営委員が政党役員、国家公務員など
を兼ねることを禁じているが、数土氏の今回のようなケースには触れていない。だが、数土氏の
辞任後、原発事故の被災者を取材したディレクターは「やっぱりNHKは東電側ですね」
(この部分太字)と皮肉られたという。

翁が以前紹介した記事ではNHKの立場はまったく逆、原発再稼動支持側に圧力をかけていた。
土屋よ、どこのディレクターが皮肉られたのよ、見え見えの法螺話を作りなさんなよ。

こいつらの思考回路は、自分達と同じ考えでない人間を貶めるためなら手段を選ばんということだな。
今ですらNHKは中韓寄りの報道が多いのに、さらに増やそうと画策してるだけ。

「報道の公正中立を保障」したいなら、お前みたいな奴こそ引っ込んでおくべきだろう?(大笑

名前の如く、本当に毎日毎日捏造反日記事のオン・パレード
NHKも要らないが、お前ら朝日・毎日新聞はもっと要らねえよ!!

発行部数水増しで、57%もの部数は廃棄されているという落ち目の毎日新聞。
自分とこの発行部数すら正しい数字出せないくせに、公正中立とはおこがましいとは思わんかね?
第三種郵便物認可も取り消してやれ!!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。